JAさいたま

  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 困ったときは

組合員サポート(営農・生活事業)

営農情報

もしも火傷病と疑われる症状が見られた場合はすぐにご連絡ください!

広報誌「さいたま」2024年6月 No.291より

中国産のなし、りんご花粉を昨年度使用した皆様
もしも火傷病と疑われる症状が見られた場合はすぐにご連絡ください!

1 火傷病について

中国で火傷病が発生したため、輸入花粉を通じての侵入・まん延を警戒しています。

詳細は以下のURLを参照
参照先:農産物安全課ホームページ
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0907/nb/yakedo.html

2 確認方法(主に果実形成期)
  • 幼果の表面に細菌泥が見られることが多い。(なしでは白色~黒色。)
  • 果実が灰緑色、水浸状となり、褐色または黒色に枯れる。
  • 枯れた幼果がミイラ果となって樹上に残る。
3 連絡先

さいたま農林振興センター 管理部 地域支援担当
篠川、山田、西山 048-822-2492


→幼果の腐敗
(提供:Syngenta United States)


→幼果のミイラ果症状
(提供:三井物産(株))

水稲の高温対策について~適正な追肥で葉色を維持しましょう~

広報誌「さいたま」2024年6月 No.291より

1 昨年の概況

 令和5年は7~9月が観測史上1位となる記録的な高温となりました。最も大きな特徴は、例年は高温であっても一時的に気温が低下する期間があったのに対し、令和5年は7~9月まで連続して高温が継続したことです。このため早期から普通期栽培までほとんどの作型で白未熟粒が多発しました。また、白未熟粒が発生した水稲の中には、穂肥施用時期より早くに、葉色が著しく低下したものが多くみられました。

2 適切な葉色の維持

 白未熟粒の発生を抑える方法の一つに穂肥施用時期の葉色を葉色版で4~4.5に維持することがあります。そのためには葉色診断に基づいた穂肥前の追肥が有効ですが、作付け品種によっては「彩のきずな」のように生育期間が短く追肥を行うのが難しいものもあります。このような場合、元肥一発肥料が有効になります。品種、作型に合った元肥一発肥料を用いることで、持続的に肥効を維持し、急激な葉色低下を軽減することができます。
 ただし、元肥一発肥料を用いても、令和5年のように高温が連続した場合には葉色が低下することがあります。そのような時は葉色診断を行い適切な量の穂肥を施用しましょう。

安全で効果的な農薬の使用について

広報誌「さいたま」2024年5月 No.290より

 JAさいたまでは組合員の皆様の所得と農業生産の拡大を実現するために環境負荷に配慮した農業生産への取り組みを進めています。しかしながら近年、気象変動とそれに伴う病害虫の発生が頻発して大きな障害となっています。農薬はこれらの障害を解消する有効な農業資材ですが、農薬使用には農産物における残留や飛散による危被害事故などのリスクを伴います。そのため、農薬を安全に使用するための方法について一層理解を深めることが大切です。そこで、安全性に配慮した農薬の効果的な使用方法を紹介します。

1 安全な農薬使用のポイント

 近年起きている農薬による事故・被害の発生状況を踏まえると、発生防止を図るために安全に農薬を使用する際には次の事項を重点的に考慮する必要があると思われます。

  1. 農薬の飛散(ドリフト)防止対策を徹底:散布作業は、風の強くない朝夕の涼しい時間帯を選んで行い、風向きや散布方向などにも注意を払いましょう。風速が2m/秒以上(木の葉が揺れる程度)の時には飛散量や距離が増加しやすいので、散布を控えてください。また、防除目的に合った適切なノズルを使用し、薬剤ごとの適正な散布量で圧力調整を行って散布するなど万全の対策を講じましょう。家庭菜園や直売野菜など多品目の圃場や暴露被害が出やすいコマツナなど葉物野菜等では作物間には十分な距離を確保するなど特に注意しましょう。なお、市街地に近接する圃場での防除では、噴霧機器を利用した散布を減らして、ドリフトによる影響の少ない粒剤や灌注処理剤等の農薬を使用することをお薦めします。
  2. 農薬による河川等の環境への影響を低減:薬剤散布後の防除機や薬剤タンク・ホース等の丁寧な洗浄は欠くことのできない作業です。さらに、魚類への被害発生等を避けるために使用後に残った散布液や散布に使用した器具・容器を洗浄した水は適切に処分する必要があります。残った薬液や排液は、水路や河川等に直接排水することは避け、河川等から離れた非農耕地や雑草地等で処分などしてください。
  3. 土壌くん蒸剤の適正な取扱いを守る:土壌病害虫の被害拡大に伴って土壌消毒の必要性が高まっていますが、クロルピクリン剤やD-D剤等の土壌くん蒸剤は薬液がガス化して揮散し周辺に不快な臭気を生じるため、市街地での使用を避けてください。土壌消毒が必要な場合は、くん蒸剤に代わってガスタード微粒剤やユニフォーム粒剤等の粒剤タイプの農薬を使用すると良いです。
2 安全性の高い農薬の効果的な使用方法

 温暖となるこれからの季節、病害虫が増加するため農薬によって防除する機会が増えます。その一方害虫では抵抗性の発達によって効果が低下することが問題となります。夏野菜や果樹等に発生するハダニ類はその代表的な害虫の一つで、作用性の異なる農薬を選択してローテーション防除することが非常に大切です。近年はハダニ類の防除には「気門封鎖剤」(表1)と言う昆虫やダニ類の気門(呼吸を行うための器官)を物理的に塞いで窒息死させる農薬が活用されるようになり、薬剤抵抗性が発達したハダニ類やコナジラミ類等の害虫への有効性が認められています。主成分が食品添加物等のため安全性が高く、適用作物の種類も多い農薬です。使用効果を高めるポイントは、薬液が直接付着しないと効果が無いので、むらなく薬液がかかるように葉の表裏に丁寧に散布し、残効が短いため5~7日間隔で連続散布することです。

表1 ハダニ類の防除に有効な主要気門封鎖剤(気門封鎖型薬剤)の農薬登録の内容と効果
薬剤名 有効成分 適用作物※ 適用病害虫(△:効果の低い事例あり) 備考
ハダニ類 アブラムシ類 コナジラミ類 うどんこ類
粘着くん液剤 ヒドロキシプロピルデンプン 野菜類、かんきつ、りんご、もも、かんしょ、らっかせい、花き、観葉植物、茶 容器を良く振ってから使用
エコピタ液剤 還元澱粉糖化物 野菜類、果樹類、いも類、とうもろこし、花き、観葉植物、ごま 高湿度時の使用は避ける
アカリタッチ乳剤 ヒドロキシプロピルデンプン 野菜類、果樹類、いも類 高濃度での散布は避ける
ムシラップ プロピレングリコールモノ脂肪酸エステル 野菜類、果樹類、花き、観葉植物 展着剤は可用しない
フーモン ポリグリセリン脂肪酸エステル 野菜類、かんきつ、きく 展着剤としての登録あり
サフオイル乳剤 調合油 野菜類、かんきつ、とうもろこし、花き、観葉植物 殺卵活性(ふ化阻害効果)あり

※  薬剤によっては適用作物の種類ごとに使用方法が異なるものがあるので、農薬のラベルを必ず確認してください。
※※ いずれの薬剤は夏季高温時や作物によって薬害を生じることがあるので「使用上の注意事項」をよく読んで使用してください。

農作業の安全対策を徹底しよう!

広報誌「さいたま」2024年4月 No.289より

 春から農作業が本格化します。農作業事故が起きないよう安全対策に努めましょう!

県内の農作業事故の発生状況(県農林部農業支援課まとめ)

 令和4年の1年間で報告された農作業事故は21件、うち3件が死亡事故でした(図1)。
 内容別では「つまずき・転倒」、「機械への巻き込まれ」が5件で最多となっています(表1)。
 年代別では60代以上が全体の70%を占める一方で、40歳未満の若手でも事故は発生しています(図2)。
 発生数では春秋の農繁期及び夏に多く発生しており、夏は熱中症事故が発生しています(図3)。

農作業事故を起こさないために(調査結果に基づく対策)
つまずき・転倒事故
  • ・トラクターやコンバイン等からの降車時は、必ず手すりをつかみ後ろ向きに降車する。
  • ・足場の悪い場所で作業をする際はヘルメットを着用する。
機械への巻き込まれ
  • ・機械の回転部等に手を入れる際には、短時間であっても必ずエンジンを切る。
  • ・服装はフードや紐などがなく、裾などが巻き込まれにくいものを着用する。
熱中症の発生件数が増加
  • ・気温が高い時には通気性の良い服装と帽子を着用する。
  • ・のどが渇く前にこまめに水分を補給し、適度な休憩を心がける。
  • ・可能な限り2人以上で作業を行い、1人で作業をする際には、家族等に帰宅予定時刻を伝える。

営農情報バックナンバー

トップへ戻る